無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
プチウクレレ MAUI MPU-25 オイルフィニッシュで完成

MAUI MPU-25の再塗装と調整が完了しました。チェスナットというステインで着色したのであのパステルカラーのウクレレが渋い感じになってしまいました。今考えると普通にマホガニー色でよかったかなと思ってます。

仕上げの塗装をオイルフィニッシュにしてみました。何度も塗っては拭いてを繰り返すのが面倒ですが、木の鳴りを引き出すには良い塗装方法だと思います。ステインの上にやるのは邪道だったかも(^^;)使うなら色つきのオイルフィニッシュがいいですね。

塗装後はナットをボンドで付けてヤスリで削って調整しました。


フレットはこのサイズのウクレレにしてはギターで使うような太くでかいフレットだったので、もしもかしたらこれが音痴なウクレレに一役かってると思い、高さを低くするたけ削りました。それでも微妙でした。フレットを小さいものに交換したい気分です。

ブリッジは後方へ5mmほど下げました。全体的にピッチが上がってる場合ブリッジを下げれば、音程も下がるので音痴が直ると思ったからです。

ペグは標準で付いてたものそのままです。

というわけで、音を録音してみました。

[MP3] プチウクレレ MAUI MPU-25 改造後の音

ウクレレっぽくなってるような気がします。少し明るい感じになったようです。

↓比較のために買ったときの音です。やはりピッチが・・・。
[MP3] プチウクレレ MAUI MPU-25 改造前の音

塗装によって音がだいぶ変わりますね。この辺は好みでもあるのですが、オイルフィニッシュは木の鳴りを生かすということでは、手間はかかるけど塗装が簡単だし有効です。ギターに応用してみたいところです。

ちなみにMAUI MPU-25はボディがシナ合板で出来てました。ホームセンターで安く手に入るベニヤですね(^^;) そんなチープな材料のウクレレなのに塗装を変えただけであれだけ音が変わるということは、安ギターでも結構音が良くなるんじゃないかと思ってます。



ターナー ESHA(エシャ) カラーオイルフィニッシュ 40ml
こんど手に入れようと思ってます。


▼お店別に初心者用ギターを探してみる
Elioth Japan エリオス
SOUND STATION レイフィールド
サクラ楽器 SELDER,Maison,Tony Smith
イシバシ楽器 Web Shop Mavis
イケベ楽器 JUNGLE GUITARS
クロサワ楽器 PlanetSoldier
| KM | MAUI MPU-25 改造 | - | trackbacks(0) | pookmark |
Trackback
http://st16.mikon.jp/trackback/642068